admin のすべての投稿

ドイツ代表が2018年仕様ユニフォーム発表!

1990イタリアFIFAワールドカップ大会で、ドイツ代表(西ドイツ代表)が優勝を獲得した。これも、ドイツ代表で国際試合であるFIFAワールドカップで3度目の優勝である。当時のイタリア代表、ブラジル代表と並べ、3度優勝のサッカー代表になった。

今大会でドイツ代表はどんなの成績を取られるのか、一緒に楽しみしよう。アディダスが最新発表された2018W杯向けのドイツ代表 ホーム ユニフォームのデザインによると、今回のデザインは、1990年イタリア大会を無敗で優勝した西ドイツ代表ユニフォームへのオマージュ。ギザギザのグラフィックは当時のそれを反転させた格好となっている。

こちらが1990年のドイツ ユニフォーム

1990年は歴代のサッカードイツ代表のユニフォームの伝統の色基調を継承されていて、肩口はメーカーの3本ラインも残されている。

目に引くのは、フロントの国旗の3色を階段のように配置しているでしょう。これも国旗カラーの3色で塗り分けられることが多かった3度のW杯制覇(1954、1974、1990)を表す星はシルバーで統一されている。

5度目の頂点を目指すドイツ 代表の新ホームユニフォームはこちらの画像。

やっぱり、胸の中央にワールドカップ王者だけがつけられるロゴがついている。

2018W杯でドイツ代表の優勝確率について

前篇に述べたとおり、モスクワで行われたワールドカップの組み合わせ抽選会の結果はすでに出た。グループステージで対戦する国々も決定した。

ドイツ代表はグループFに入り、メキシコ(北中米)、スウェーデン(ヨーロッパ)、韓国(アジア)と対戦する。

その後、本部はイギリスロンドンで世界最大級のスポーツデータカンパニーである『Opta』が今大会に出場する全32カ国の優勝パーセンテージを独自に算出。

データによると、前回ブラジル大会覇者ドイツ代表が11.4%。同じ組のメキシコが1.7%で、スウェーデンは1.8%、韓国は1%。ちなみに、日本はアジア勢のなかで2.0%。

全32カ国の優勝パーセンテージは下記通り。
    • 1位 ブラジル代表(14.2%)
    • 2位 ドイツ代表(11.4%)
    • 3位 アルゼンチン代表(10.9%)
    • 4位 フランス代表(10.5%)
    • 5位 スペイン代表(9.3%)
    • 6位 ベルギー代表(3.8%)
    • 7位 ポルトガル代表(3.3%)
    • 8位 ウルグアイ代表(3.0%)
    • 9位 コロンビア代表(2.5%)
    • 10位 日本代表(2.0%)
    • 11位 イングランド代表(1.9%)
    • 12位 クロアチア代表(1.8%)
    • 12位 スウェーデン代表(1.8%)※ドイツと同組
    • 14位 メキシコ代表(1.7%)※ドイツと同組
    • 14位 ロシア代表(1.7%)
    • 16位 セルビア代表(1.6%)
    • 17位 ポーランド代表(1.5%)
    • 17位 ペルー代表(1.5%)
    • 17位 セネガル代表(1.5%)
    • 20位 オーストラリア代表(1.4%)
    • 20位 スイス代表(1.4%)
    • 22位 ナイジェリア代表(1.3%)
    • 22位 エジプト代表(1.3%)
    • 22位 アイスランド代表(1.3%)
    • 25位 デンマーク代表(1.2%)
    • 25位 イラン代表(1.2%)
    • 27位 サウジアラビア代表(1.1%)
    • 28位 韓国代表(1.0%)※ドイツと同組
    • 28位 コスタリカ代表(1.0%)
    • 30位 チュニジア代表(0.8%)
    • 31位 パナマ代表(0.7%)
    • 32位 モロッコ代表(0.5)

今大会各組情報は下記通り
  • 【A組】ロシア、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイ
  • 【B組】ポルトガル、スペイン、モロッコ、イラン
  • 【C組】フランス、豪州、ペルー、デンマーク
  • 【D組】アルゼンチン、アイスランド、クロアチア、ナイジェリア
  • 【E組】ブラジル、スイス、コスタリカ、セルビア
  • 【F組】ドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国
  • 【G組】ベルギー、パナマ、チュニジア、イングランド
  • 【H組】ポーランド、セネガル、コロンビア、日本

Optaについて

optaはサッカー試合中のプレーデータをリアルタイムに取得・分析し、リーグやチーム、メディアなどにデータを提供する。

FIFAワールドカップ19回出場、2016UEFA欧州選手権ベスト4のドイツ代表

4年ごとに開催されるFIFAワールドカップは再び始まった。サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界のテレビ視聴者数や経済効果はオリンピックを遥かに凌ぐ世界最大のスポーツイベントであるFIFAワールドカップは今年の6月14日から7月15日まで開催される。開催国はロシア。

前回のW杯王者・ドイツは、欧州予選で8戦全勝と強さを見せ付けている。欧州予選第9節は、勝つか引き分ければ17大会連続19回目の本大会出場が決定。

今回は、ご注目されているドイツ代表の関係情報を詳しく紹介する!

2018FIFAワールドカップ 日程

モスクワで行われたワールドカップの組み合わせ抽選会の結果によると、ドイツ代表がメキシコ、スウェーデン、韓国と同組となった。

6/18(月) 0:00 FIFAワールドカップ 2018 グループF

ドイツ代表vsメキシコ代表
6/24(日) 0:00 FIFAワールドカップ 2018 グループF

ドイツ代表vsスウェーデン代表
6/27(水) 23:00 FIFAワールドカップ 2018 グループF

韓国代表vsドイツ代表
ドイツ代表 歴代成績データ
試合 回数
 ワールドカップ 19回出場
 成績  4回優勝、4回準優勝、4回3位、1回4位
人気サッカー選手

メスト・エジル(Mesut Özil)

エジルはドイツ出身のサッカー選手である。ポジションはMF。左足の高いテクニックで広く知られている。2009年のドイツ代表vsノルウェー代表の試合でデビューを飾った。2014W杯本戦でも7試合すべてに出場。決勝トーナメントのアルジェリア戦では延長119分に決勝点を挙げた。エジルはこの大会でドイツ代表最多となる15回チャンスメイクをし、パス成功率78.6%を記録した。2017年5月、ESPNは世界で最も有名なアスリート100人を発表し、30位に選出された。サッカー選手としては9位

トーマス・ミュラー(Thomas Müller)

ミュラーはドイツ出身のサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。2014FIFAワールドカップでベストイレブンを受賞した。

マリオ・ゲッツェ(Mario Götze)

ゲッツェはドイツ出身のサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。2011年でゴールデンボーイ賞を受賞した。

ドイツ代表の印象

強い民族、強いサッカーチーム、団結力も強い。