カテゴリー別アーカイブ: ドイツ代表 ユニフォーム

ドイツ代表が2018年仕様アウェイユニフォーム(2nd)発表!

ドイツ代表のオフィシャルサプライヤーであるアディダスは20日、2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨むドイツ代表のアウェイユニフォームを発表した。

今日は、彼らのアウェイユニフォームのデザイン詳細、発売情報などを簡単に紹介したい。

アディダスが最新発表された2018W杯向けのドイツ代表 アウェイ ユニフォームのデザインによると、今回のデザインは、1990年イタリア大会を無敗で優勝した西ドイツ代表ユニフォームからインスパイアされている。矢印のようなグラフィックデザインは当時の特徴だ。

1990年イタリア大会、準決勝でイングランド代表を、劇的なPK戦の末に勝利を収めており、決勝ではアルゼンチン代表を1−0で撃破。ワールドカップ通算3度目の優勝を果たした。

こちらが1990年のドイツ ユニフォーム アウェイ。

1990年は歴代のサッカードイツ代表アウェイユニフォームの伝統の色基調を継承されていて、襟元から袖口まではメーカーの3本ラインも残されている。

首周りはモダンなVネックを採用していますが、白いリブでつけている。Vネック部分には、ドイツサッカー連盟を表現した「緑」カラーを配置しています。

目に引くのは、ユニフォームのボディが連続する緑とホワイトの段階的に濃淡があるの菱形が交差する柄でしょう。

5度目の頂点を目指すドイツ 代表の新アウェイユニフォームはこちらの画像。

ホーム ユニフォームと同様、胸の中央にワールドカップ王者だけがつけられるロゴがついている。

新アウェイユニフォームは3月27日0:00発売開始。

ドイツ代表が2018年仕様ユニフォーム発表!

1990イタリアFIFAワールドカップ大会で、ドイツ代表(西ドイツ代表)が優勝を獲得した。これも、ドイツ代表で国際試合であるFIFAワールドカップで3度目の優勝である。当時のイタリア代表、ブラジル代表と並べ、3度優勝のサッカー代表になった。

今大会でドイツ代表はどんなの成績を取られるのか、一緒に楽しみしよう。アディダスが最新発表された2018W杯向けのドイツ代表 ホーム ユニフォームのデザインによると、今回のデザインは、1990年イタリア大会を無敗で優勝した西ドイツ代表ユニフォームへのオマージュ。ギザギザのグラフィックは当時のそれを反転させた格好となっている。

こちらが1990年のドイツ ユニフォーム

1990年は歴代のサッカードイツ代表のユニフォームの伝統の色基調を継承されていて、肩口はメーカーの3本ラインも残されている。

目に引くのは、フロントの国旗の3色を階段のように配置しているでしょう。これも国旗カラーの3色で塗り分けられることが多かった3度のW杯制覇(1954、1974、1990)を表す星はシルバーで統一されている。

5度目の頂点を目指すドイツ 代表の新ホームユニフォームはこちらの画像。

やっぱり、胸の中央にワールドカップ王者だけがつけられるロゴがついている。